感動的なダイビングポイント

これから沖縄ダイビングを始める人が覚えておくべきダイビングの手順

shutterstock_91949444ダイビングをやったことのない人は、いきなり酸素ボンベを背中に担いで海に飛び込めばダイビングができると思いがちです。しかし実際はもっと複雑な手順が必要になってきますし、海の深いところに潜るわけなので十分注意を払って慎重にダイビングをする必要があります。このようなダイビングに必要な知識・経験を積むことのできるサービスがダイビングスクールです。沖縄ダイビングに来る人の多くは、このダイビングのライセンス取得を目的でやってきます。ダイビング専用の格安ツアーも多く、大阪・東京・北海道など日本全国から老若男女が沖縄にやってくるのです。

ダイビングを始める時にすべきことは、まず海に潜る前に計画を立てることです。ダイビングスポットの深度や潜水時間、ウエイトの重さなどが特に大事な要素となります。緊急事態になった時にインストラクターやバディに知らせるの合図の方法などを確認しておく必要もあります。そして機材のセッティングも重要で、自前の機材ではなくレンタル機材の場合はメーカーによって調整方法も少し異なるので注意が必要です。ここまでの準備をしてようやく潜水の準備が完了となります。

実際に海に潜る前には、耳抜きや中性浮力、マスククリア等の基本スキルを習得することは必須となります。これらのスキル無しにダイビングすることは難しいでしょう。少しでも不安があるならば、プールや浅瀬で練習していくことが肝心です。実際に深いところに行くと緊張してしまし、浅い場所ではできていた基本ができなくなることもありますので、十分練習を積んでおいた方が良いでしょう。

shutterstock_389651797エントリーポイントへ潜った後に行うのはレギュレータでの呼吸になります。また適宜耳抜きも行うことになるでしょう。こういったスキルは大切ですが、一番大事なのは精神を落ち着かせて呼吸を正確にリズムよく行うことです。呼吸が荒いと精神が落ち着きにくく、冷静な判断ができなくなってしまいますから、最初は呼吸に意識を置くことをオススメします。後は酸素の消費量を随時チェックしながらダイビングを満喫することになります。沖縄の真っ青な海中には見たこともないような不思議な生き物やカラフルな魚の大群を見ることができます。思い出に残るような水中写真を撮ると、後で見返した時に感動が甦ってきます。友人との旅行話も盛り上がることがまちがいなしです。

ダイビングが終わって陸に上がった後は、ノートに反省記録を残すことをオススメします。次回以降にダイビングする時の参考になりますし、改善点が見つかれば練習してダイビングスキルを向上させることができるからです。

沖縄の海の中には未知の新しい世界が広がっています。ダイビングをするなら正しい手順を学び、安全に楽しく行うとより一層楽しめるようになるでしょう。

最新投稿

  • 沖縄ダイビングの醍醐味について

    ダイビングはやろうと思えばどこでもできます。 ただどうせやるなら海の綺麗な場所の方が良いに決まっています。 私 …

    続きを読む...

  • 沖縄でのダイビングの魅力とは

    沖縄のダイビングの魅力と言えば、やはり綺麗な海でしょう。 沖縄にしかない、綺麗で透き通った海は、ダイビングには …

    続きを読む...

  • 沖縄は女性にもおすすめのダイビングスポット

    女性の中にもダイビングを楽しみたいと思う人はたくさんいると思いますが、女性におすすめのダイビングスポットとして …

    続きを読む...

  • 沖縄ダイビングの情報を那覇空港でゲットできる

    沖縄で様々なマリンスポーツやダイビングを楽しみたいと思った時に、どういったショップやどういった場所がいいのかが …

    続きを読む...